基礎化粧品は50代向けのものを|重要成分を肌に与えよう

女性

美白やアンチエイジングに

化粧水

浸透度がアップしている

美白やアンチエイジング効果があると言われていて人気のビタミンCですが、実はとても安定させにくいものです。ビタミンCは空気や熱に弱く、さらに肌への浸透度もあまり高くありません。美白やアンチエイジング効果は欲しいけれど、化粧品として使うには不向きなものです。そこで利用したいのがビタミンc誘導体の配合されている化粧品です。ビタミンc誘導体はビタミンCの良さを引き継ぎながら、肌への浸透度が増し、安定化してあるもののため、通常のビタミンc入りの化粧品よりも効果が実感しやすいと言われています。また、さらに肌への浸透度をあげるため、美顔器とビタミンc誘導体が配合されている化粧品を利用することで、美白やアンチエイジングに大きな効果があるとも言われています。

どんなものを買えば良いの

ビタミンc誘導体には水溶性と油溶性、両性の3つのタイプがあり、化粧品として大きな効果が期待できるのは水溶性と両性になります。水溶性のものは肌の表面に素早く浸透し高い美白効果があります。油溶性のものは角質層までゆっくりと浸透しますが、即効性がありません。そして両性には水溶性と油溶性両方の効果が期待できるうえ、通常のビタミンCの約100倍もの浸透力を持っていると言われているため、肌の隅々までしっかりと浸透してくれるものです。化粧品を選ぶ際に、乾燥肌の人はビタミンc誘導体の濃度が低いものを選択しましょう。ビタミンc誘導体には皮脂の分泌を抑制させる効果があるため、乾燥肌の人が濃度が濃いものを使うと乾燥が促進してしまう可能性があります。